屋根修理の費用と相場まとめ

屋根修理の費用と相場まとめ

屋根の修理にはどれくらいかかるのでしょうか。工事の種類の違いや、使用する材料の違い、さらには業者の違いなど、価格を変化させる要因はたくさんあります。屋根の状態も多種多様なため、それぞれの屋根の状態やお客さまのニーズによって、最適な工事も変化します。ここで紹介する費用相場はあくまでも目安となります。適正価格を知るには、相見積りをとって比較することが大切です。

工事ごとの費用相場

代表的な工事ごとの目安となる価格帯を紹介します。使用する屋根材や塗料によって値段は変わりますので注意が必要です。

工事種類 費用相場
部分補修 数万円~30万円
塗装 30万円~100万円
カバー工法 50万円~120万円
葺き替え 70万円~150万円

 

部分補修工事 数万円~30万円部分補修工事 数万円~30万円

最も低価格で行う屋根の修理は部分補修です。割れた瓦の取り換えや、雨どいの簡単な修理、雨漏りを止めるなどは低価格で行える場合があります。足場が必要な場合は、足場をくむ費用がかかるため、高額になることもあります。その場合は、より規模の大きな修理を行うほうが長期的にはお得になるかもしれません。

ポイント:その場しのぎの修理になっていないかポイント:その場しのぎの修理になっていないか

雨漏りをしている場所が分かっている場合は、それを一時的に止めることは比較的安く簡単にできます。原因によってはしばらくすると再発してしまったり、またすぐに他の場所で雨漏りをしたりしてしまう場合もあります。長期的なコストを考えて、小さなほころびをきっかけに大規模なリフォームを考える機会にされるといいかもしれません。

その場しのぎの修理になっていないか
出典:xn--3kqz84af9af3v.net

塗装 30万円~100万円 塗装 30万円~100万円

スレート屋根や金属屋根では定期的な塗り替えが必要となります。粘土瓦の屋根には塗装は行いません。塗装を行う面積(屋根の面積)や屋根の形状、使用する塗料などによって価格が変動します。高機能な塗料を使用する場合は高価な工事になることもあります。

ポイント:費用が適正かどうかを見極めるポイント:費用が適正かどうかを見極める

費用を決める要因は多岐にわたるため、塗装の相場は開きが出ます。それぞれの屋根の条件や塗装の条件に応じて価格は変動しますが、大切なのはその価格が”適正”かどうかだと思います。もし高すぎる価格を提示されている場合、その工事の質が良いものだとしても、工事に対する満足度は上がりません。逆に、安すぎる場合も工事の質が良くないのではないかと、不安になってしまいます。

では、適正価格を見極めるにはどうすればいいのでしょうか。私たちが推奨するのは、「比較」です。屋根修理の素人である一般の方が見ても、何が適正なのか判断することは難しいでしょう。いくつかの見積りを比較することで、相場が見え適正価格での屋根修理を行うことにつながると考えています。

費用が適正かどうかを見極める
出典:paint-house.blog16.jp

屋根塗装の詳しい費用はこちら

カバー工法 50万円~120万円カバー工法 50万円~120万円

最近人気が上昇しているのがカバー工法です。葺き替えよりは出費を抑えて、比較的大規模な修繕を行うことができます。瓦屋根の場合は、屋根の総重量が重くなってしまうため、用いられません。費用を抑えつつも屋根の外観および性能を新しくすることができる、バランスのとれた修理となっています。

ポイント:使用する屋根材で価格が大きく変動

カバー工法におすすめの屋根材としてガルバリウムという金属屋根が挙げられます。この素材は耐久性が高く、重量も軽いのでカバー工法に最適な素材と言えるでしょう。スレートやトタンなどと比べると価格が高くなってしまうのが懸念点ではあります。今後の維持費用や、リフォーム計画なども考慮しながら最適な工法と素材を選ぶとよいでしょう。

使用する屋根材で価格が大きく変動
出典:http://www.murata-eco.jp/ex04.html

カバー工法の詳しい費用はこちら

葺き替え 70万円~150万円葺き替え 70万円~150万円

葺き替えは既存の屋根材をはがして、新しい屋根材を葺きなおす工事です。大規模なリフォームになるため、当然費用も他の修理に比べると高くなってしまいます。ボリュームの多い価格帯としては、100万円前後での工事が多くなっています。

ポイント:カバー工法との価格の違い

カバー工法と比べて価格に差が出る点として、既存屋根材の撤去費用があります。屋根材をはがし、またその屋根材を処分するのにもお金がかかります。アスベストを含む屋根材の場合はさらに別途処理費用かかかってしまいます。こういった面で葺き替えには一時的なコストがかかりますが、屋根の形状や素材や傷み具合によってカバー工法ではなく葺き替えをしなければならない場合もあります。業者にカバー工法ではなく葺き替えを薦められた時は、その理由をしっかり説明してもらい、さらにはセカンドオピニオンとして他の業者にも見積り依頼を検討するのも一つの手段でしょう。

カバー工法との価格の違い
出典:http://ameblo.jp/kawarayasan/theme3-10003629816.html

葺き替えの詳しい費用はこちら

\最大10万円分のキャッシュバック/


PAGE TOP