屋根塗装の塗料6種類まとめ

屋根の塗装はスレート屋根や金属屋根には必要となる工事です。建築用の塗料は何千種類もあり、一般の方は塗料のことなど分からなくて当然です。ここでは塗料の種類を素材ごとに紹介し、それぞれの簡単な特徴をまとめています。塗料を選ぶ際のポイントと併せて、塗装をする際の参考にしてください。

塗料の種類とグレード

塗料の種類を素材ごとにグレード分けすることができます。一回の塗り替えにかかる費用が高いものは耐久性が高く、性能が高いという傾向があります。目安は図のようになります。

高ければいい、安ければ悪い、というわけではないので、それぞれの要望に合わせた塗料を選ぶことが重要です。


出典:http://protimes.jp/feature

各塗料の特徴と代表的な製品

それぞれの塗料の特徴と代表的な製品を説明します。

アクリル塗料の特徴

一回の塗り替えにかかる費用を安く済ませることができます。耐久性が低くいので、外壁よりもダメージを受けやすい屋根には、ほとんど使われていません。

耐久年数:5~8年

ウレタン塗料の特徴

オーソドックスで比較的リーズナブルな塗料です。とりあえず塗り替えをしたい、といった場合には適しているかもしれません。シリコンに比べて耐久性は高くないので、長期間持たせるにはよりグレードの高い塗料を使ったほうがよいでしょう。

耐久年数:7~10年
製品:クールタイト(エスケー化研)、サーモアイUV(日本ペイント)

シリコン塗料の特徴

耐久性が高く、近年は価格も下がってきたのでコストパフォーマンスもよくなりました。カラーバリエーションが豊富なのも人気のポイントです。価格と機能のバランスがよく、多くの住宅の屋根塗装に用いられています。

耐久年数:12~15年
製品:クールタイトSi(エスケー化研)、ヤネMシリコン(関西ペイント)、水性シリコンベスト2(日本ペイント)

フッ素塗料の特徴

一般的な塗料の中で、価格と品質ともに最高級のものになります。一般住宅の外壁に使われることはほとんどありませんが、屋根は外壁に比べて周囲の影響を受けやすいので、高い耐久性を求める場合は使われることもあります。東京スカイツリーの塗装にも使われています。

耐久年数:15~20年
製品:クールタイトF(エスケー化研)、サーモアイ4F(日本ペイント)

ピュアアクリル塗料の特徴

アクリル塗料に含まれる可塑剤などの物質を排除したアクリル100%の塗料です。耐久性が高く、弾性と伸縮性も高いので防水性能が高くなっています。性能が高い分、価格も高くなってしまいます。

耐久年数:15~20年

光触媒塗料の特徴

次世代型の高機能塗料です。太陽光で汚れを浮かせ、雨で洗い流すというセルフクリーニング機能を備えています。また、周囲の空気を浄化する効果もあります。光が当たらないと機能を十分に発揮できないので注意が必要です。

耐久年数:15~20年

\最大10万円分のキャッシュバック/


PAGE TOP