スレート屋根の修理/メンテナンス

スレート屋根の修理/メンテナンス

瓦屋根と並んで、一般住宅によく用いられているスレート屋根です。欠点の一つにメンテナンスが欠かせない点があります。どういった症状をチェックしなければいけないのか。適切な修理・メンテナンスはどんな手法なのか。また、修理・メンテナンスを行うべき時期・タイミングはいつなのかを説明していきます。

スレート屋根のチェックポイント

スレート屋根が傷み始めるとどういった症状を見せるのか。ここでは、一般的な症状を説明していきます。もしこれらの症状に該当するようであれば処置をとったほうがいいでしょう。

棟板金と屋根の隙間をチェック!釘のさび、ゆるみはないか?

釘を使って棟板金を屋根に固定しています。この釘の部分にさびができたり、ゆるんでしまうといった症状が見られます。固定が甘くなると、雨水の浸入を許してしまうだけでなく、棟板金の落下などの可能性があります。

年数の経過だけでなく、風の影響を受けやすいので、強風や台風の後は注意したいところです。多少のさびやゆるみなら、簡単な修理で直すことができますので、悪化する前に食い止めましょう。

棟板金をチェック!色あせやさびはないか?

棟板金そのものが傷んでしまうケースがあります。棟は表面を塗装していますが、金属製です。色あせが発生し始めると、その部分から錆が生じてしまい、全体に広がってしまいます。

色あせの段階は症状の初期段階ですが、さびが生じ始めたら、末期に近付いていると考えてください。早期発見できれば、塗替えですみますが、症状が進行した場合は大規模な修理が必要となります。

屋根材をチェック!色あせ、色むら、かび、こけはないか?

屋根材、つまりスレートの状態をチェックします。まずはスレートの表面の傷みを見ます。色あせ、色むらは初期症状です。雨風の影響と経年による色あせは避けられません。

色あせた部分を放置していると、かびやこけが発生してしまいます。かび、こけが発生すると水はけが悪くなり、雨水がたまりやすくなります。その結果として雨漏りにつながってしまう場合もあります。

屋根材をチェック!ひび、割れ、ずれはないか?

スレートは表面の傷みだけでなく、スレート自体に傷みが生じている場合もあります。原因は、強風による飛来物や、屋根に設置したアンテナ、ケーブルによるのがほとんどです。

屋根材が破損してしまうと、そこから雨漏りにつながるケースが多々あります。大規模な修理が必要になる場合もあります。

スレート屋根の修理

前項ではスレート屋根の傷みについて説明しました。ここでは、スレート屋根の補修、メンテナンス、修理、リフォームにはどのような工法があるのか、4つ紹介いたします。

1、棟板金交換工事

風の影響で傷みやすい棟板金部分の修理です。屋根材部分に傷みがなければ、棟板金の交換を行うことで対処できます。風が強い地域であれば、以前よりも固定を強化し、対策をとることができます。

2、屋根塗装

スレート屋根のメンテナンス・修理の中では一般的で中規模の処理が屋根塗装です。屋根材の傷みが表面のみの場合は塗り替えを行うことで、本来の耐久年数まで使用することができます。定期的に行う必要があり、屋根材自体が傷み始めると、塗装を行ってもあまり効果がないので注意が必要です。

3、カバー工法(重ね葺き)

屋根塗装よりはやや規模の大きな処理はカバー工法です。既存の屋根に、新しい屋根材を重ねて設置する工法で、重ね葺きとも呼ばれています。屋根全体が傷んでいても、下地がしっかりしていればカバー工法で対応することができます。

4、葺き替え工事

スレート屋根の修理の中で最も大規模なのが葺き替えです。リフォームをされる際によく利用されます。カバー工法と違い、既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材を設置する工法です。年数が経過し、スレート自体が傷んでいる場合は、葺き替えが必要となります。

メンテナンスの時期

スレート屋根の耐久年数は、30~50年と言われています。この年数は、メンテナンスを定期的に行うことを前提としているので、長持ちさせるためには定期的な補修が必須です。では、いつ行えばいいのか?メンテナンスを実施する時期の目安をご紹介いたします。

1、塗料の耐久年数に合わせてメンテナンス

スレート屋根には塗装をします。塗料にはそれぞれ目安となる耐久年数が決まっています。その耐久年数が経過したタイミングでは、ほぼ必ず塗り替えをしなければなりません。塗装する際は、次に塗り替えをする時期を考えながら塗料を選びましょう。

2、荒れた天候に合わせてメンテナンス

スレート屋根は経年劣化のほかに、豪雨、強風、雹などでダメージを受ける可能性があります。台風が直撃した場合など、屋根がダメージを受けている可能性があります。もし、しばらく屋根の状態をチェックしていないのであれば、それを機会に屋根の状態をチェックするのもいいでしょう。

\最大10万円分のキャッシュバック/


PAGE TOP