屋上緑化の効果について

屋上緑化の効果について

屋上緑化には様々な効果があります。
ここでは、どのような効果があるのか詳しくご説明したいと思います。

ヒートアイランドの緩和

ヒートアイランドの緩和

年々高温化が進む日本。特に都心ではヒートアイランド現象が起こり、体温以上の気温になることも増えました。これは、アスファルトやコンクリートに覆われているため熱がこもりやすく、夜になっても地面に熱がこもってしまい気温が下がらないと熱帯夜になり、エアコンをつけて寝ます。エアコンからも熱が排出され、熱帯夜が続くという悪循環に陥ります。
屋上緑化を行うと、水面や植栽面や土壌面から水分が蒸発・蒸散されるため、気温の上昇を抑える効果があります。

省エネ効果

省エネ効果

ビル屋上や屋根を緑化することで、直射日光を遮られます。建物への遮熱効果が高まったことで、屋上下の部屋の室温が下がるので冷房を抑えられ、消費電力を低く抑えることが可能となります。
つまり、屋上を緑化すれば、過ごしやすくなるだけでなく、消費電力を抑えられるという二重の効果が見られるのです。

雨水流出の緩和

雨水流出の緩和

ヒートアイランドでも説明をしたように、都市部はコンクリートやアスファルトが増え、土が少なくなりました。そのため、ゲリラ豪雨といった集中豪雨や雨水の急激な流出による都市型水害が多増え問題となっています。典型的な例として局地的な大雨により地下街や地下鉄などに雨水が侵入してしまうトラブルがあります。
屋上緑化では、鉢植えの花に与えた水が、「しばらくしてから」鉢植えの穴から流れでてくるように、雨水流出抑制効果を発揮します。大規模な屋上緑化行えば都市全体の急激な雨水の流出を抑えることが可能となります。

建物の保護効果

建物の保護効果

屋上緑化は遮熱効果があるだけではなく、紫外線や酸性雨からも建物を守り耐久性を向上させます。また、屋上緑化により床の温度変化が低くなることで熱による膨張や収縮が少なくなります。屋上面の夏と冬の温度差は70℃にもなると言われています。直接外気にさらされると劣化のスピードは早くなります。
屋上緑化にすることで温度差を小さくし、劣化スピードを遅らせる効果があります。

空気の浄化効果

空気の浄化効果

エコカーやLED電球が普及し環境に優しくなってきたものの、都心の大気は、自動車の排気ガスや住宅やオフィスの冷暖房などによる汚染は減る様子がありません。
こうした環境にいい効果をもたらすのが都市緑化で特に屋上緑化は、二酸化炭素などの吸収、ホルムアルデヒドやベンゼンの除去、その他の大気汚染部室の浄化などを行ってくれるので、空気浄化に効果があるとされています。

癒しの効果

癒しの効果

緑が精神の安定をもたらし、癒し効果があることは皆さん知っていると思います。
しかし、都市部では緑が見られる所は少なくなってきました。ストレスを感じる多くの人は安らぎを求め、ガーデニングブームやアロマテラピーに興味を示すようになりました。
医療の現場では専門的訓練を受けた人が患者等の状態を把握し、植物を使った園芸作業や押し花などを通じて、患者の精神的・肉体的な機能の回復や、社会性の向上を図る園芸療法が行われています。
緊張感を和らげる、情緒を安定などといった精神的な効果から、五感への刺激による身体機能の回復、作業による運動機能の回復が見られたりします。また、社会性や公共性が向上するといった社会的心理効果もあります。

防火・防熱効果

防火・防熱効果

もともと耐火性のある生木は、大火事の際にはものすごい防火効果を発揮します。屋上緑化や壁面緑化には、延焼防止効果が期待できます。屋上緑化や壁面緑化と延焼遮断帯や防災公園といった都市防災説と関連させ展開させれば、非常に効果的です。
また、火災から建築物の保護の効果もあります。植物によって発火を抑え、火災時の輻射熱を大幅に減少させることができます。

教育的効果

教育的効果

最近、虫を触れない子供が増えてきたと耳にします。それは、緑に触れる機会が減っているからではないでしょうか。子供が自然に触れることは生命に触れることでもあります。自然に見て触れることで生命の誕生や成長、死などに接し生命の尊さに気付いたり、感動したりすることもあります。緑の保全、ヒードアイランド現象、地球温暖化の抑制といった環境学習を実験的に学習するために屋上を緑化する学校も増えつつあります。

空間創出効果

空間創出効果

建物の屋上に庭園などを造り人々の憩いの場として、リフレッシュ空間とし地域住民の方に開放することで、コミュニケーションの場としての再利用できるだけでなく、季節に沿った花や木を植栽することで、都会に自然を呼び戻すことが可能となります。病院では、患者やスタッフ、来訪者に癒しだけではなく、安らぎや安心感を与える場所になります。屋上緑化された建築物は21世紀環境時代にふさわしい建物と言えますので、話題性・宣伝効果も大きく、企業や自治体のイメージアップにも絶大な効果があると言えるでしょう。

二酸化炭素の削減効果

二酸化炭素の削減効果

1900年代より音質効果ガスが増加し気温の上昇が始まりました。2100年には今よりも50cm上昇されると予測されています。温室効果ガスの中には亜酸化窒素やメタン・フロンなどもありますが、特に割合を占めるのが二酸化炭素で、地球温暖化にも大きく影響を及ぼしています。家庭からの二酸化炭素の排出量を減らすには、国民一人一人の行動が重要となってくるので、なかなか難しいとされています。
屋上緑化では、植物や微生物が行っている光合成により大気中の二酸化炭素を炭水化物変えて生物躯体として固定させます。また、屋上緑化が省エネ効果につながり、二酸化炭素削減にも効果が期待できます。

\最大10万円分のキャッシュバック/


PAGE TOP