太陽光発電について

屋根の雪対策について

2011年の震災以降、注目を集めている太陽光発電。「売電できる」や「電気代が浮く」など漠然と知っていても、理解して設置するのと、何となく設置するのでは大きく違います。


太陽光発電とは

太陽光発電とは
出典:http://www.shinodakoumuten.jp/


屋根に設置した太陽電池(ソーラーパネル)で太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換するシステムです。作られた電気は「直流」ですので、パワーコンディショナーで家庭で使用できる「交流」に変換します。使いきらなかった電気は、高い料金単価で電力へ売ることも魅力の1つのとなっています。また、突然の停電でも太陽光が発電していれば、1500ワットまで電気を利用できるので災害対策にもつながります。
二酸化炭素を排出することがほとんどなく、安全で維持費がほとんど掛からないので、国も今後の新しいエネルギーとして普及を進めており、各地で太陽光発電所が建設される計画も進んでいます。

太陽光発電のメリット

では、そんな太陽光発電システムを自宅に設置すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

太陽光発電のメリットメリット1:光熱費を大幅に節約
家電をオール電化にし、昼間の電気料金が高く夜間の電気料金が安くなる「ナイト8・10」という電気料金プランにするだけで、昼間は太陽光発電で電気がまかなえるので、電気代が掛からず、夜間は電気料金が安くなるプランにしてあるので、電気料金を安く抑えることができます。
太陽光発電とオール電化生活の組み合わせは、光熱費を大幅に節約できる最高の省エネプランです。オール電化にしているけど、太陽光発電を設置していないという方は、一度、検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電のメリットメリット2:使いきらなかった電力を電力会社に売ることができる
使いきらなかった電力(余剰電力)は、電力会社に売ることができます。これによって電気代が下がるだけでなく、ほぼ毎月、電力収入の期待ができます。最近では、収入目的で太陽光発電の設置を考えている方が増えつつあります。
ただし、各地域の電力会社によって売電価格は異なりますので、お住まいの地域の電力会社がいくらで買い取ってくれるのか調べる必要があります。

太陽光発電のメリットメリット3:廃棄物や二酸化炭素が出ない
平均的な発電システムで発電した場合、火力発電などに比べると二酸化炭素の排出を大幅に抑えることができます。

太陽光発電のメリットメリット4:県や市町村からの補助金
国からの補助金は2014年に打ち切られましたが、各都道府県・市区町村では独自に補助金制度を打ち出している所もあります。「国の補助金が終わったから…」と諦めずに、お住まいの自治体を調べてみましょう。

太陽光発電のメリットメリット5:補償がない
塗装が失敗した場合、プロに任せれば補償されますが自分で行った場合は、当然ながら補償はつきません。

デメリットが多い屋根塗装ですが、日数がかかろうと体力を消耗しようと「自分の家の屋根を自分で塗った」という達成感はあります。その上、回数を重ねていけば、プロとまではいかないまでも、プロに近い技術を身につけることもできます。

メリット・デメリット、それぞれありますが、しっかりと考え、後悔のないようにしましょう。

太陽光発電のデメリット

二酸化炭素削減や売電などメリットに目が向きがちですが、デメリットもあります。「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、しっかりとデメリットも把握し対策を練りましょう。

太陽光発電のデメリットデメリット1:設置費用が高額
一般的な太陽光発電システムの耐用年数は20年程度と言われている太陽光発電の設置費用は120万から200万円ぐらいなので、頭金の準備やローンの活用を検討されると思います。売電額だけでなく支払額など、様々な金銭面から考えて設置するか考えましょう。また、消費税がアップすることにより、回収までの期間が長くなる可能性があります。

太陽光発電のデメリットデメリット2:発電量が不安定
天候によって発電量が大きく異なるのもデメリットの1つです。
設置したい(できる)屋根に、どの程度日が当たるのかなどの調査を行ってから設置を考えるといいでしょう。

太陽光発電のデメリットデメリット3:定期メンテナンスが不可欠
故障しにくくなってはいますが、安定した電気を得るためには、定期的なメンテナンスを行う必要があります。

メリット・デメリット、それぞれありますが、しっかりと考え、後悔のないようにしましょう。

初期費用について

初期費用について

デメリットでも述べたように、安くなってきたとはいえ、設置費用に120万から200万円掛かります。ただし、これは太陽光発電システムだけの費用なので、設置する屋根が傷んでいた場合は修理が必要となってきますので、この金額にさらに修理費が加わる形となります。どの程度の費用が掛かるのか迷った場合、相見積りを取ると思います。その際、費用の内訳を理解していると比較するのに、とても役立ちますので覚えておくといいでしょう。
パネル以外に掛かる費用として、以下の費用が掛かります。

機器

機器
出典:http://solar.diy-eco.com/

■太陽電池モジュール
■パワーコンディショナー
■接続箱
■フックシステム(屋根架台・専用取付金具など)
■モニター類
■専用モニター
■売電メーター

設置工事

工事業者によっては見積書に簡略化して書いている場合もありますが、工事そのものに変わりはないので、設置工事全体でいくら掛かっているのか見てみるのもいいでしょう。

設置工事
出典:ttp://www.takaden.biz/index.php

■足場設置・解体
(2m以上の高所では足場の設置が義務付けられています)
■太陽電池モジュール設置・モジュール間の配線
(リフォームで設置する場合は、設置する箇所の屋根材を取り外して下地を造り、
新しい屋根材に取り替えるといった工程が入る事があります。)
■宅内電気配線工事

その他

見積書とは別に提示されることもありますが、見積書に記載される場合もあります。

その他

■系統連系申請
電力会社と契約し余剰電力を売電出来るようにします。電力会社の系統と自家発電設備を連系する許可を得るために系統連系契約を結びます。工事業者が申請手続きを代行してくれますが、費用として2万円ほど掛かってしまいます。

これ以外にも、分電盤の容量が増える場合、電力会社に加入金を支払うことになります。アンペア数によっても変わってきますが、系統連系の代行手数料と合わせて8万円を見ておくといいでしょう。

トラブルに注意

トラブルに注意

最近の太陽光発電システムの流れに便乗しようという業者が増えてきています。トラブルに遭わないためにも、1社だけ見て決めることは絶対にせず、相見積りを必ず取りましょう。その際も、価格や施工費だけで決めることは避けましょう。
大切なのは、「十分な発電量が期待できるシステムが設置できるかどうか」 「施工内容・メンテナンスの品質」などがあります。
「周りがやっているから」 「勧めるから」と安易に決めると、思ったよりも余剰電力がなかったり、施工後、太陽電池モジュールを取り付けた屋根から雨漏りがするというトラブルが起きてしまいます。 業者の言葉に惑わされることなく自分でしっかりと下調べをし、分からないことがあれば、どんどん質問するようにしましょう。ちゃんとした業者であれば、丁寧に質問に答えてくれるはずです。
屋根コネクトでは、太陽光発電システムの設置からメンテナンスまで、しっかりと行う優良業者ばかりが登録されています。太陽光発電システムをお考えの方は、屋根コネクトまでご相談ください。

\最大10万円分のキャッシュバック/


PAGE TOP